ヘルス

■ 「夏編」 / 小児科のお医者さまにお聞きした夏に注意すべき病気を掲載 ■

「ヘルス」ページでは、
季節ごとに小児科のお医者さまによる子ども達にとって、注意すべき病気をあげていただきます。
日常生活の参考にしていただければ幸いです。

 

暑くてジメジメした気候が続きますね。 気象庁の発表では、今年は梅雨の時期から猛暑となる予想です。
 こうした環境で気になるのは「熱中症」と「食中毒」です。 これから、ポイントを説明しましょう。

 

◇ 熱中症


問い 1 : 「熱中症」ってどんなもの?
答え : 高温多湿な環境に、身体が適応できないことでいろいろな症状が出ることです。  めまいや顔のほてり、筋肉痛や筋肉のけいれん、体のだるさや吐き気、 汗のかきかたがおかしい(ふいても、ふいても汗がでる、もしくはまったく汗がでない)、体温が高い、皮膚の異常(皮膚が赤く乾いている)、呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けないといったサインが見られたら熱中症にかかっている危険性があります。  初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、体が暑さになれていないのに気温が急上昇するときは特に危険です。

問い 2 : どうしたら「熱中症」を防げるの?
答え : 暑さ指数(WBGT)(参照)が28℃を超える日は、特に気をつけましょう。
水分を多めにとる。
熱や日ざしから守る。
地面の熱に気をつける。
暑い環境に置き去りにしない。
室内遊びにも油断しない。
周りの大人が気にかけ、遊びに夢中になり過ぎず休憩を入れる。
といったことが大切です。  また、寝ている間の熱中症を防ぐために、「睡眠環境」を快適に保ちましょう。  そして、日頃から適度な運動、適切な食事、十分な睡眠をとるように心がけることも大切です。

参照 : 暑さ指数(WBGT)
暑さ指数は、熱中症を予防することを目的としてアメリカで提案された指標です。  
環境省では、 熱中症予防情報サイトで各地の暑さ指数(WGBT)を発表しています。
熱中症予防情報サイト
体に与える影響の大きい、①湿度②日射・輻射など周辺の熱環境③気温の3つが関係します。  それぞれの効果は、湿度:熱環境:気温=7:2:1と圧倒的に湿度の効果が最も高く、同じ気温でも湿度が高いと熱中症になりやすいのです。  単位は気温と同じ℃なのですが、28℃を超えると熱中症にかかる人が急に増えることがわかっています。

問い 3 : 「熱中症」を起こしてしまったら?
答え : 炎天下にいる時や暑い部屋にいる時などに吐き気や頭痛があれば、熱中症を疑いましょう。  自分で対応ができそうであれば、すぐに応急処置を行ってください。  また、熱中症のサインが見られる人を発見した時にも早急に対応しましょう。

熱中症かもしれないと思ったら、早めに涼しいところに移動させ、水分・塩分を補給させることが命を救うことに繋がります。  「まだ大丈夫」などと思わずに、まずはこまめに休憩を取りましょう。  また、周囲で体調が悪そうな方を見かけたら、声を掛けてあげてくださいね。  体温が高く、不自然な言動や意識障害がみられる熱射病は、命の危険がある重症の熱中症です。  体温が異常に高くなってしまっているため、できるだけ早く体温を下げる必要があります。  熱射病を疑ったら、すぐに救急車を呼びましょう。  到着するまでの間、首やわきの下、太ももの付け根に氷や保冷剤などを当て、体温を下げます。

応急処置で大切な3つのポイント
1.
涼しい場所へ移動しましょう。 衣服をゆるめ、体を冷やして体温を下げましょう。
2. 塩分や水分を補給しましょう。 ただし、おう吐をしたり、意識がない場合は、誤って水分が気道に入る危険性があるので、むりやり水分を飲ませることはやめましょう。

最後に!
乳幼児は大人に比べ水分の割合が高く体温調節機能が充分に発達していないため、熱中症にかかりやすいとされます。  しかし消防庁の最新の発表によると、救急搬送された乳幼児(7歳未満)の割合は0.9%と意外と少なくなっています。  50%以上は65歳以上の高齢者です。  実際、クリニックで「熱中症」と診断されるお子さんも、それほど多くありません。  皆さん、「子どもは熱中症になりやすい」とわかっているのでかなり注意していただいているおかげだと思います。  お子さんには気をつけているとは思いますが、今年は特に注意してお過ごしください。

 

◇食中毒


問い 1 : 「食中毒」ってどんなもの?
答え : 人間の体に有毒な物質で汚染された食品を食べることで危険な症状を引き起こされることをいいます。  食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。  普段、当たり前にしていることが、思わぬ食中毒を引き起こすことがあるのです。  食中毒の原因として、細菌・ウィルス・自然毒・化学物質・寄生虫などさまざまであり、食べてから症状がでるまでの期間やその症状、また予防方法も異なります。  嘔吐と下痢が主な症状ですが、腹痛や発熱がみられることもあります。  特殊な症状として、病原性大腸菌O-157などでの出血といった症状もあります。  食中毒の約9割は細菌やウィルスが原因となって起きています。  食中毒を起こす菌の多くは、20℃くらいの室温で活発に増え始めて、人間の体温くらいの温度で増殖のスピードが一番速くなります。  また、細菌の多くは湿度を好みます。  気温が高く湿度も高くなる梅雨の季節は、細菌の増殖を活発にさせる条件がそろうので、食中毒が増え始めるのです。

問い 2 : どうしたら「食中毒」を防げるの?
答え : 細菌やウィルス、寄生虫は加熱により死滅します。  このため、お肉やレバーなどの内臓は、よく加熱して食べましょう。  特にお子さんやお年寄りなど抵抗力の弱い方は、注意が必要です。  1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べると乳児ボツリヌス症にかかることがあるので食べさせないでください。  なおボツリヌス菌は熱に強いので、通常の過熱や調理では死にません。

予防の3原則
1.つけない
手を石鹸でよく洗う。
魚や野菜など水で洗える食材は丁寧に洗う。
手や指に傷がある時は必ず手袋をして調理をする。
おにぎりをにぎる時は素手でなくラップなどを使う。
調理器具や食器は消毒した清潔なものを使う。
まな板は加熱用(肉、魚など)とそうでないもの(生野菜など)と分ける。
2.増やさない
保存する時は、冷蔵庫や冷凍庫を使う。
冷蔵庫に温かいものを入れない。
冷蔵庫に長時間放置しない。
温かい料理は常に温かく(65℃以上)、冷たい料理は常に冷たい状態(10℃以下)で保つ。
3.やっつける
加熱によって菌をなくすために食品を調理する時は、中心部までしっかり加熱しましょう。
食品の中心温度が75℃以上の状態で1分間の熱を加える
ノロウィルス対策は、食品の中心温度が85℃以上になるように加熱する。
調理済みの食品を再加熱するときは、再度75℃以上になるように熱を加える。
肉類や魚介類を扱った調理器具は、熱湯や塩素系漂白剤などで消毒、殺菌をして十分に乾燥させる。

問い 3 : 「食中毒」を起こしてしまったら?
答え : 軽い吐き気程度で、腹痛も無く、便が少しゆるいなど比較的症状の軽い場合には脱水に注意して経過をみてもよいでしょう。  ビオフェルミン等の市販の整腸剤を飲むことはおすすめします。  下痢止めはかえって悪化させることもあるので、安易な服用は避けましょう。
嘔吐がひどく水も飲めない
吐血
便に血が混ざる・腹痛がある
息が苦しい
といった症状がある場合は、医療機関を受診しましょう。
病院では、症状の程度はもちろんですが、「いつ」「何を」食べたか、同じ食事をした人達の状況、旅行・海外渡航歴、飼育しているペットといった情報が大切ですので適切に伝えてください。

以上です。 
病気に注意し、健康で楽しい夏をお過ごしください。

 


お医者さま紹介
小島博之(こじまひろゆき)先生
東小岩わんぱくクリニック院長医学博士  
小児科学会専門医
アレルギー学会専門医プライマリケア学会指導医
1991(平成3)年千葉大学医学部卒業し、千葉大学医学部小児科入局。 千葉大学付属病院・国立病院機構千葉医療センター・松戸市立病院・国立下志津病院等勤務後に平成7年より現職 。  江戸川区・葛飾区に5つの関連小児科クリニックがあり、子育て支援を目的にすべてのクリニックに病児保育室を併設している。  小児期から喘息・アトピー性皮膚炎に悩んだ経験から小児科医となり、アレルギーを専門に選んだ。 趣味は犬の散歩、食べ歩き。

東小岩わんぱくクリニック ホームページ

  • マルタニュースブログ

  • ウェブ絵本

  • キャラクター紹介

  • グッズ紹介

  • マルタプロフィール